So-net無料ブログ作成

トンネルは抜けるまでがいい

yuurakucho-i-07小.jpg
この作られたレトロ感。
後ろ3文字RSE、わざとですね、その下の楕円ペラペラ、わざとです。
でも悪くはないなー。後ろは日比谷、向こうは銀座。
日劇(今マリオン)があった頃、この辺りに居酒屋みたいのがあったなぁ。
パリはシャンゼリゼ、歩道にまで椅子やテーブルが出ている感じ想像してみてください。
こちら日本では、祭りや花見で仮作りの飲み屋みたいなのが、似ていなくもない、パイプ丸椅子、長テーブルが同じように歩道にはみ出していた。
それがとっ散らかって雑然としていた、この辺り。
そこで由利徹を見たんだ。舞台のままの着物を、前はハダけて、大股広げて、そこにいる普通のおじさんと元気よく大声で笑ってた。
下品な話をしていたに違いない、と思っていたのは、由利さんのイメージを勝手に作り上げた記憶かもしれない。
すごく素敵だったんだよ、由利徹、誰とでも同じ地面に立って、居酒屋にいる人達とゲハゲハ笑って飲み交わしてたんだろうな。
多分コップ酒。オシャマンべ。コマネチ。

トンネルは抜けるまで歩く1分間がいい。
由利徹がそこにいたんだ。

nice!(0)  コメント(0)